GWでも混雑なしの白老ふるさと2000年ポロトの森キャンプ場へ

5/3-5/4白老ふるさと2000年ポロトの森キャンプ場で1泊キャンプしてきました。
前回はバンガローでしたが今回は夜以外は温かいのでテント泊です。
私と子供2人でママ友のキャンプに合流しました。
GWでも混雑なしのようで、他のテントと程よい距離をとって楽しめました。

駐車場に車を停めたらきれいな小川のある道を通って…管理棟へ。

水がきれい!

クマ出没することがあるのでゴミの管理には注意しましょう。
(生ゴミはきちんと片付ける/食べ物はできるだけ寝るテントに置かない/音のなるものを身につける等)

管理棟着。

前回バンガロー泊した時にとてもかわいらしかったリス、今回も楽しみにしていたのですが、去年からオコジョがうろつき、来なくなってしまったそうです…残念。

テントはぱっと開けばすぐに広がるQuechua(ケシュア)2 SECONDS EASYシリーズ
フライシート・ボトムシート一体化。開いたあとはペグを打つだけなので本当に楽ちんです。
(一応撤収のしやすさを考えて下にブルーシートを敷きました。中は寒さ対策に銀マットとエアーマットを敷きました。)

ママ友のテントもQuechua(ケシュア)2 SECONDS(水色)!
奥に見えるネイビーの三角テントは、ニトリの「ティピーサンシェード」昼は子どもたちの日除け、夜は荷物置き場にもなり、とっても便利なので我が家でもゲット予定です!

タープにOUTSIDE INSIDE キャンピング ガーランドを飾りました。

風でゆらゆら揺れていいかんじです。

本当にいい天気で飛行機雲も見られました。

夕方、バーベキューやアヒージョで晩御飯。
バゲットにつけていただきました。

子供が寝静まった後はママ友と焚き火。
直火禁止なので、snow peak(スノーピーク) 焚火台 Lを持っていきました。

運転の疲れもあり、12時前に就寝。
昼はあたたかくても夜は3度くらいまで冷え込むので冬用ジャンパーやホッカイロ、毛布で完全防備。朝までぐっすりでした。

参考:キャンプ(テント泊)の持ち物リスト[春・夏・秋]

参考:子連れキャンプの持ち物リスト[春・夏・秋](随時更新)

 
 
翌朝、虎杖浜温泉 湯元ほくようで入浴。
キャンプ場近くのポロト温泉(1969年開業)は閉館してしまっていました。(参照:毎日新聞
新しい温泉施設ができるようですね。楽しみです。

休憩所でざるうどんのお昼ごはん。

お店の方々が子どもたちにとても親切にしてくれて、楽しく過ごせました。

白老ふるさと2000年ポロトの森キャンプ場
住所:北海道白老郡白老町ポロト自然休養林内
チェックイン/アウト:バンガロー:15-17:00/10:00(フリーサイト:9:00-17:00)
料金:大人400円/小人(小中学生)300円 バンガロー宿泊:5000円(白老町民3000円)※7・8月以外は暖房料金が必要
期間:通年営業(12/1~3/31は土日のみ)

虎杖浜温泉 湯元ほくよう
住所:北海道白老郡白老町竹浦 121-41
日帰り入浴時間:5:00~24:00 (女風呂8:10~9:00清掃)
日帰り入浴料金:大人500円(中学生以上)/小人250円(3歳~小学生)

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道お出かけスポットへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
camp-travel-hokkaido.com

camp-travel-hokkaido.com

子連れキャンプ・温泉旅行・おでかけ・ドライブ・外食の記録です。