富良野 星に手のとどく丘キャンプ場で焚き火&バンガロー泊

10/19-20、富良野の星に手のとどく丘キャンプ場へ行ってきました。
その日はキャンプ場が営業最終日で、しかも前日に積雪があったため、
キャンプ場から予約キャンセルのメールが来ていたらしいのですが、メールは見当たらず…

宿泊は、遠方からのキャンピングカーと私達だけでした。
思ったより積もってる(汗)でも気温はあったかかったです。

まずは名物(北海道テレビ「世界に一つだけの味」 第一位)のジンギスカン。
「サフォークジンギスカン」「ひつじの丘ジンギスカン」の二種類がありました。
食べてるうちに暑くてカットソー1枚に…

もやしをかじる娘2。

食後は娘2、初めての雪遊び。

うさぎ小屋と羊小屋もありました。

宿泊は5人用バンガロー(8帖タイプ)。電源・照明・暖房付。
マットと寝袋を準備。はしゃぐ娘2。

準備完了後、アンパンマンショップへ。
やなせたかしさんが亡くなられた後でメッセージが飾られていました。

おもちゃ広場で大はしゃぎ。

夜は、SPA&HOTELRESORT ふらのラテールでお風呂と食事。

いろんな種類のお風呂に大満足。
広い休憩所には子どもの遊び場も。
うどんのつゆがとってもおいしくて感動。

バンガローに戻って娘2は就寝。暖房もあって快適。

外では焚き火。
パパの誕生日にプレゼントしたsnow peakの焚き火台(L)スターターセットデビュー!

積雪があってもスグに火がついて、後片付けも簡単。
Mと迷ったけどやっぱりLで正解。大きい方が薪を扱いやすいです。


満月だったので満点の星とはいかなかったものの、
月明かりに照らされた山と星がすごく幻想的で素敵でした。

翌朝、ハイテンションで朝ごはんのパンを食べる娘2。

ひつじが場内を歩きまわっていました。
激突される私。

キャンプ場を後にし、ジェットコースターの道から十勝岳連峰の素晴らしい風景を見た後、

青い池へ。

白ひげの滝も見学。高所恐怖症なので足ががくがく。

最後は北海道で最も高地にある温泉、十勝岳温泉 凌雲閣へ。

入浴の前に「レストラン岳」で食事。
娘2はうどん、娘1とパパと私は「かみふらのカレー」。

お風呂は茶褐色で老舗の温泉の雰囲気でした。
露天風呂からの眺めが、高所恐怖症にはちょっと怖いけど、とっても綺麗でした。

日帰り入浴の無料休憩所の奥の押入れをふと開けると、
中にはおもちゃがたっぷりはいっていて(!)娘2も楽しめたようです。

帰りは遊び疲れて寝ながら帰宅。
また春にオープンしたら、星のきれいな日に星に手のとどく丘キャンプ場に行きたいです。

[キャンプ・食事]
富良野 星に手のとどく丘キャンプ場
住所:北海道空知郡中富良野町ベベルイひつじの丘内
チェックイン/アウト:3:00-17:00/7:30-12:00(宿泊施設はチェックアウト11:00)
料金:入場料大人1人500円/子ども1人250円/バンガロー5700円
期間:5~10月中旬

[遊び]
アンパンマンショップ富良野店・ふらのジャム園
住所:北海道富良野市東麓郷の3
営業時間:http://www.furanojam.com/

[温泉]
SPA&HOTELRESORT ふらのラテール「万華の湯」
住所:北海道空知郡中富良野町東1線北18号
日帰り入浴時間:10:00-22:00(受付終了21:00)
日帰り入浴料金:大人980円/子供(4歳~12歳)500円(バスタオル・タオル付)
[食事]
SPA&HOTELRESORT ふらのラテール「華花」
食事:21:30まで(ラストオーダー21:00)

[温泉]
十勝岳温泉 凌雲閣
住所:北海道空知郡上富良野町十勝岳温泉
日帰り入浴時間:8:00-20:00
日帰り入浴料金:800円

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道お出かけスポットへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
camp-travel-hokkaido.com

camp-travel-hokkaido.com

子連れキャンプ・温泉旅行・おでかけ・ドライブ・外食の記録です。